2008年04月05日

最近買った雑誌

Perfumeのインタビュー記事目当てに2誌購入。
こういう邦楽系音楽誌買うのはいったいいつ以来だ?

IMG_1996.JPG

bridge Vol.56 「Perfume 光と涙の8年史」

「なぜ今時代はPerfumeを求めるのか?
デビューから現在までの苦闘、その知られざる真実の歴史に迫る!」

アーリー90'sを「ロッキンオン」と「渋谷陽一のミュージック・スクエア」でダメに過した人間としては手に取りたくない雑誌なのだが・・全20ページのボリュームに負けた。内容的にはファンなら聞いたことのある話が多くて「知られざる歴史」って感じでもなかったけど。

IMG_1997.JPG

音楽と人 5月号 全12ページ

「楽曲制作には直接タッチしていない彼女らの思いが強く現われたこのアルバムは、もはや革命と言ってもよい。感情表現はロックミュージックにおいて非常に有効な手段だが、このアルバムはそれを軽々と超えている。や、3人の思いは、そこらのバンドより、よほどシリアスで本気なのだ。」

メンバーひとりひとりの個別インタビュー。ちょっと今までにない感じでかなり面白い。真実に迫ってる感じがする、これはファンは必読かも。あと写真にびっくりした。
posted by cloudy at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。